お申し込み・資料請求・お問い合わせ お申し込み・資料請求・お問い合わせ
img sidebar top
オンライン個別面談予約 オンラインでも参加可能 無料説明会 Aurora Pacific Ecozone APECO/APECO紹介動画 common-img-topvideo common-img-bottomvideo

フィリピン・オーロラ州、APECO(アペコ)特別永住権プログラム。
プログラムに参加することで永住権取得+年間最大60日の無料宿泊可能なリゾート会員権付帯。

トップページ > 永住権取得で広がる未来の可能性/日本の将来への不安

永住権取得で広がる未来の可能性

日本の将来への不安

日本が抱える問題

少子高齢化・増税・年金減少・
地震災害・原発事故etc…

今、このサイトをご覧のみなさんの中には、下記に挙げる日本の諸問題とどう向き合っていくべきかをお考えの方々も多いのではないでしょうか。
日本とは別の定住出来る権利を確保することで、将来のリスクに備えることをご検討されてはいかがでしょうか?

possibility-img-img06
1 日本の負債1,050兆円・毎年30兆円赤字。
国民1人当りの借金は830万円。
possibility-img-img07

1,000兆円を超える我が国の借金。産まれたばかりの赤子でさえ、既に800万円以上の借金を背負っていることになる日本。マイナス金利の導入といった未曾有の金融政策の先行きに対する不信感や、2020年の東京オリンピック以降の経済は下降の一途を辿ると予測する報道も散見されるなか、この先、日本経済だけに依存することへの不安感が増す状態が続いています。

2 少子高齢化・減り続ける日本人。
減額が予想される年金・消費税などの増税。

30年後、日本の人口は8,000万人台まで減少し、65歳以上の高齢化率は40%に達します。これは言い換えると今の日本人の4人に1人の割合が減る。つまり30年後には日本人の4分の1が世界から消えることになります。また、高齢化比率が高まると、その分生産年齢人口の割合が減る為、年金の減額が予想され、消費税や法人税等の増税もあり、個人・法人に限らず、若い世代と高齢世代の両方に経済的負担が重くのし掛かります。

possibility-img-img08
3 医療費高騰・崩壊する医療制度。
核家族化と高齢社会が生む孤独死の増加。
possibility-img-img09

医療制度の崩壊は某県の医師会が警鐘を鳴らすほどで、なお高騰を続ける医療費は、高齢者の将来を脅かす原因となります。また、核家族化した社会環境の影響で、古き良き時代のような近隣同士の関わりも少なくなった今日、独居老人と呼ばれる高齢者の孤独死の増加が問題視されています。それに比べてフィリピンの社会はとても家族的で、高齢者を敬うホスピタリティが旺盛な国民性は、メイド職において世界中でトップクラスの高評価を得ています。いつも笑顔を絶やさない明るい性格のフィリピン人との交流は、きっと日本人の心を癒してくれます。

4 日本は世界で指折りの地震&原発大国。
地震や津波の自然災害と原発事故。

日本は世界第4位の地震大国、そして原発は第3位の原発保有国で、稼働中の施設も多く、建設中のものも含めるとその数は60基以上を数えますが、フィリピンは稼働する原発はゼロです。地震と津波の影響で甚大な被害をもたらした東日本大震災での福島第一原発事故は未だ記憶に新しいところですが、今なお原発建設を行う日本。
余震と被曝に怯えながら仮設住宅で不自由な暮らしを強いられることになった被災者の方だけでなく、またいつか、あの恐ろしい事態が、自分に降り懸かるのではないかという人々の不安な状況は払拭されないままです。

possibility-img-img10

日本からわずか4時間半ほどの国、フィリピン。東南アジアきっての親日国家、陽気で互助精神に溢れた国民性をもつフィリピンに住む権利を得ることが、あなたの将来ののリスクを低減させる1つの大きな手段となることでしょう。

フィリピンの概要
Go to top img_footer

Copyright ©2020 Hallohallo Inc. All Rights Reserved.