お申し込み・資料請求・お問い合わせ お申し込み・資料請求・お問い合わせ
img sidebar top
オンライン個別面談予約 オンラインでも参加可能 無料説明会 Aurora Pacific Ecozone APECO/APECO紹介動画 common-img-topvideo common-img-bottomvideo

フィリピン・オーロラ州、APECO(アペコ)特別永住権プログラム。
プログラムに参加することで永住権取得+年間最大60日の無料宿泊可能なリゾート会員権付帯。

トップページ > フィリピンでの生活

フィリピンでの生活

APECO特別永住権(ASRV)取得に関する情報
★年間所得水準は日本の1/6、物価も安い為、所得の高い日本人には生活がし易い国です。
ただし、都市部の家賃は日本並みの地域も多く、電気代やインターネット料金は日本より高額です。

フィリピンの物価水準は日本の「1/2〜1/6」程度と低く、物価上昇率も安定しており、生活必需品等も安く生活し易いことが、世界中から多くの人がフィリピンへ集まる理由の一つに挙げられます。例えば、交通手段としてよく利用されるタクシーの初乗り料金は40ペソ(約100円)と、フィリピンの物価は世界的に見ても非常に低い水準にあります。

人材コンサルティング企業ECAインターナショナルの「2015年 海外駐在員の生活費の高い都市ランキング」によるとアジア太平洋域内40位、世界440都市中173位。
▼物価上昇率(%)
2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
物価上昇率(%) 4.1 3.8 4.6 3.2 3.0 4.1
img01
★国民の90%近くがカトリック教徒。陽気で気さく、家族や友人を大切にする国民性は、日本人のメンタリティーとよく合います。 ★フィリピンは東南アジアきっての親日国家。BPO(海外からの業務委託)が著しく発展し、世界中の人々が集まる為、人種差別とは無縁の国です。

緊密、かつ友好的な国家関係もあって、フィリピンはアジアでも有数の親日国家として知られています。

アジア10カ国を対象とした18歳以上の男女100人対象の親日度調査では、実に90%以上の人が日本人を「好き」「大好き」と答えています。
大使館によると長期滞在者と共に、フィリピンへの日本人永住者がこの5年間で倍増しており、リタイアメント後の海外移住先として注目を集めています。

img02
Go to top img_footer

Copyright ©2020 Hallohallo Inc. All Rights Reserved.